山本最前線…

ふるさと

leave a comment »

 

誰もが知っている日本の伝統的な詩を自分のメロディーに乗せて、切々と歌い上げる向井秀徳。

 

レコーディングの日付は、2011.3.16。

かの地へ向けた歌なのか、本人からの声明なんかは、一切なし。

ただ、その美しい詩と優しい歌声が胸に染み入ります。

この歌が被災地の方だけでなく、少しでも多くの日本の国民の心に触れて、
ほんの僅かであっても、復興していく力となり、これからも日本が美しい国であり続けていくための力になることを願うばかりであります。

最前線から以上です。

広告

Written by keinoji

2011/03/20 @ 08:33

カテゴリー: 山本一家

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。